FC2ブログ

ノリノリ狂言生活

◎  10月の宝生別会~公演レポ 




10月最後は宝生流の催し「宝生別会」に出演させて頂きました。演目は能「望月」。大曲ですね。それだけに、ここ1週間は気が気でなかったです💦大曲は、1人が間違った雰囲気を作ってしまうとそれだけで台無しになっちゃいますよね😱

セリフを間違うとか間違ってないとか、そんなんじゃなくて「雰囲気を合わせる」って終始五感で感じていく事が難しく神経使います😅
そんな中でも今回の能は「現在物」の1つで、おシテとの掛け合いもあったりで楽しく、そこが魅力だと思います😊

試行錯誤もしてみたけど、お客さんに、シテ方に、ワキ方、囃子方にどう映ったか?やっぱり正解はなく、父に教えてもらったことも舞台の上では知識でしかなく、五感で体で表現するには自らの感性で戦うしかないのだと、私達の仕事はそう言った仕事なのではないかと思った1日でした。

ともあれ、充実と心地好い疲労感の舞台でした‼️
あ、あと「張良」のワキ方の大日方さんが格好良かったです✨「望月」の獅子も是非、乱能でしたいです😆能って、やっぱりすごいや‼️



◎  大仏さま~! 

昨日は午前中に鎌倉能舞台で舞台。
娘達が振替休日だったので、一緒にお邪魔させて頂きました。事務の方々もとても親切で、何かと娘共に気遣って下さいまして、感謝するばかりです。特に上娘は、中森先生に愛犬に心奪われた模様でした😊

夕方から稽古なので時間も少なかったですが、せっかく近くに大仏さまがいらっしゃるので、参詣に。雲一つない空に大仏さまは、頭上の宇宙と繋がっているようで、この世の末を見守るように、何百年と座していることに、頭がクラクラしてしまいそうでした。世界の真ん中を感じました。
娘達と大仏さまの胎内に入って不思議な感覚になり、まるで生まれ変わったようだねと話して帰りました。
またゆっくりと鎌倉見物もしたいです✨

今日は春日部市南桜井小学校でワークショップでした。また夜からは二木屋薪能。今日も雨かな?頑張ってきます~❗️

◎  二木屋薪能2018~祝!開店20周年!~ 


秋恒例の『二木屋薪能』が開催中です❗️
二木屋は、北浦和にお店を構える料亭ですが、毎年3日間ほど店内の庭に能舞台を拵え、観能とお食事を堪能して頂く事ができます🤗
今年で開店20周年㊗️さらに薪能19年目で、今年の初日で80回を迎えました✨
天候不順により、初日、2日目とお庭での上演は叶いませんでしたが、そんな時は店内三間四方のお座敷で上演することが可能です。お座敷とは言え蝋燭を焚き、灯火揺らめく幻想的な空間を作り出す。これが二木屋の強みですね❗️
初日は父と『酢薑』のシテをさせて頂き、半能『六浦』のシテは山井綱雄師。貴重なツーショット写真は宝物です👍
初めて薪能を開催した時は僕も高校生3年生で、学校終わりに制服を着て訪問しました(笑)その当時の事を覚えていてくださるお客様も多く、話題になりました。19年間毎回鑑賞している方も多いのです。
こんなに多くのファンに支えられ愛されている二木屋さん。オーナーのお人柄もそうですが、従業員スタッフ皆さんの心温まるおもてなしと努力の賜物だと思います。(スタッフの皆さんは出演者の僕たちにも優しいのです)
一から始められた小林オーナーのご苦労も多々あったかと思いますが、こんな大きなイベントを19年も続けて下さった事に今はただ感謝するばかりです。
今年のラストは27日(土)に開催します。
まだ席はあるかな?ご興味を持たれた方は以下から詳細をご確認ください。
https://www.facebook.com/events/1845259552434354/?ti=icl
来年は薪能20周年❗️第100回薪能まで5年?
まだまだ一緒に走り続けて参りたいと思います😊よろしくお願い致します✨
まずはお客様、スタッフの皆さん、オーナーに感謝を込めて勤めて参ります。

◎  父の代役 


8月下旬から急に父の声が出なくなってしまいました。カスカスの声でボソボソ話す姿は今まで見たこともなく、本人も初めての事でしょんぼりしていました。一時はどうなるか不安だったけれど、9月中旬には完治して今は復帰しています。各方面に皆様にはご心配お掛け致しました。


短い期間でしたが、父の代役を勤めた舞台が2つありました。『呼声』と『萩大名』。どっちも良く番組に並ぶ演目なので即座に代わることが出来ましたが、プレッシャーと責任が重くのしかかった舞台でもありました。


シテ方の各流儀やそのお家が毎月のように催す会があります。いわゆる「能会」「定期能」と呼ばれる会です。その会に私達狂言方は声をかけて頂き出演します。いわゆる興行主からのご依頼なわけで、代役といえど大変ご迷惑をかけてしまった上に、自分が父の代わりに狂言のシテ(主役)をするわけです。失敗したら…とは思いませんでしたが、主催の皆様、公演を楽しみにしていて下さったお客様に「代役でも納得していただけるような狂言を!」と半ば切腹覚悟で臨みました。


責任とプレッシャーとのせいか、いつもより舞台が広く、熱く、時間がゆっくり流れているような感じがました。これがいいのか悪いのかは分かりません。芸が良かったのか悪かったのかも分かりません。ただ、自分の芸や存在や立場を問われているような、舞台の上でそんな事を感じていました。


お他所の会でシテを勤めるというのは、そんな葛藤の中でも押しつぶされずに、自分を律し、自分たらしめる確固たる芸でなければならないんだと思います。


少しだけ階段登りました。少しだけ、もうすぐ先の40代としての或るべき姿が見えました。ここが正念場。努力を重ね、芸を磨き、人として成熟できるよう精進してまいります。今後ともよろしくお願い致します。

◎  中野島稲荷神社奉納狂言  




秋の例大祭。中野島稲荷神社での奉納狂言が終わりました。天候にも恵まれ(ちょっと風が強かったけど)、皆さんの日頃の稽古の成果が出せたのではないかと思っています😊


写真は新しい形式で行った「狂言小唄集」は生徒一同が舞台に上がっての小唄のみの上演。総勢13名の声と気持ちが1つになっていました❗️


教室ではみんなが主役です✨1人1人が輝けるように指導してきました。緊張した人も、十分楽しめた人もいますが、またさらに磨きをかけて素晴らしい舞台を作ってもらえたら嬉しいです😊


参加して下さった生徒のみなさん、ありがとうございました❗️また奉賛会および関係者の皆さまにも感謝申し上げます。


教室では生徒さんを募集しています。年に数回の発表会もありますので、気軽に体験から始めてみませんか?まずはお問い合わせください✨


✳️月曜日
場所/中野島稲荷神社
11:00~12:00 団体稽古(謡のみ)
15:00~16:00 団体(低学年)
16:00~17:00 団体(高学年)
17:00~21:00マンツーマン
※夜の部は満員です。 


✳️水曜日
場所/上北沢稽古場
京王線「上北沢駅」から徒歩12分
11:00~21:00
マンツーマンの完全予約制です。事前にご連絡ください。 


🌟参加費
1回/2500円(小・中学生)
1回/3500円(大人)
1回/1000円(団体稽古) 

お問い合わせ  大藏教義
noriyoshi@kichijirou-kyougenkai.jp

◎  創作狂言への取り組み 




今年2回目の鹿児島への単独出張でした。前回に引き続き、伊佐市山野小学校で創作狂言「猿の腰掛け石」を子どもたちに指導してきました。


最初にお話を頂いた時は、自分が出来るかどうか不安でした。形だけのお芝居だったら簡単でしょう。でも型を覚える事で感情を自由に表現出来ること、言葉の抑揚を大切にする事で言葉の持つ意味を考えること、人の前に立つ事の緊張感、学んできた自分を信じること。何より地域を題材にした狂言なので、地域とそこに伝わる伝統芸能などにも関心を持って欲しかったです。それこそ古典の持つ力であり、意味のある取り組みだと思っています。


そんな事を目標にして取り組んできました。全てが伝わったかどうかは分かりませんが、とにかく子どもたちは前向きに取り組んでくれて、思いがけない発想をする子や、それに付き合ってあげる子、調和を大切にする子、率先してセリフを言う子、物腰柔らかい子、型を大事にする子、本番に強い子、言葉の抑揚を大切にする子、大人しいけど一生懸命やる子、謡を大きな声で歌う子、自信ないけど努力する子。6時間の授業の内に自然と個性が出てきて、最後の発表にはとてもいい雰囲気の作品になりました。


16人の子どもたちが協力しあい1つの芝居を作り上げること。これは普段の狂言の稽古では得ることのない達成感でした。多くの事を学べました。帰りはちょっぴり寂しかったな。


機会を与えてくださったかごしま子ども芸術センターの入本さんに感謝です。またスタッフの皆さん、先生方に感謝申し上げます。

◎  つくばねの峰より落つる男女の川 こひぞつもりて淵となりぬる  



この歌は百人一首でも有名な陽成院が詠んだ歌ですね~。

先週末に常陸の筑波山へ家族で登山に行きました🏔やっぱり山は良いですね!色んなものを流してくれるので、気持ちもリフレッシュできます😊と言っても、登山はまだ4回目。

最初は神奈川県の大山。これは阿夫利神社までの道のりをケーブルカーで往復。2回目の高尾山もケーブルカーで往復。3回目の弘法山にしてやっと足で登山しましたが、変な道から登ったので、途中迷子になりそうでした😅家族からもブーイング嵐🙇‍♀️帰りも足で降りてきました。

そして4回目にしてやっとまともな?登山ができました(笑)前回の反省もあり、ルート確認と色んなサイトの口コミを入念に確認し、子どもたちの体力など考え、数あるルートの中から初心者コースであるつつじヶ丘駅から女体山頂までの約60分の道のりを選びました👍

本当に申し訳ないくらい、前回が前回だったので、子どもたちも最初は乗り気ではなく😅色々と思考を凝らしてパンフも作ってプレゼンしてヤル気とワクワクを持たせました✨お陰で楽しめたようです(笑)



天候は晴れ。少し日差しが暑くて汗ばむ程度。意外に上娘がサクサク歩き、下娘もお菓子がパンパンに入ったリュックを背負いながらもズンズン登り、子どもたちの健脚には驚かされました。

少しずつ標高が上がると同時に、見晴らしの良い景色が広がり、頂上からの眺めが楽しみになります。すると、頂上までもうすこし!という所で渋滞が始まりました。登山客が多いようです😆そんな中、今にも上から岩が落ちてきそうな「弁慶の七度戻り」など、ハラハラする名所もあり、充分楽しめました✨



山頂は素晴らしい景色です。眼下には平野が広がり、今にも落ちてしまいそうな…😨高い所は平気だと思ってたのに、ちょっと目が昏みました。
山は人生そのものです。困難の連続ですが、楽しく登れば良いんです。時には手を取り合って助け合い、苦労や喜びを分かち合う。子ども達にはそんな事を伝えたいんです。次はもうちょっと手応えのある山に挑戦しようかな。



おまけ。筑波宇宙センター。



登山の前日は筑波宇宙センターへ。ちょっと宇宙が近く感じられました🚀展示がメインでしたが、もう少し体験型だったら良かったかな。宇宙を体感したいです❗️

さぁ、年末に向かってがんばろー👍

◎  文化庁巡回ツアー~熊本編~ 


文化庁主催の巡回公演で、観世流九皐会の皆さんと熊本ツアーに行ってまいりました。
訪問した学校は
南関町立南関第1小学校
山鹿市立菊鹿小学校
玉名市立横島小学校
菊陽市立菊陽西小学校
でした。

上演は狂言『柿山伏』と半能『船弁慶』。『船弁慶』ではアイ狂言も出なくてはならないのですが、この演目のアイは重要な役で、いわゆる免状物の1つです。能に出るアイ狂言は、重要な役割もあり狂言方代表として出るのでそれだけ信頼を置ける人が行かなくてはなりません。
同行の宮本さんも榎本さんも『船弁慶』をするのに免状は済んでいるので大丈夫👌狂言『柿山伏』のシテも『船弁慶』のアイも、ローテーションで回しました。
普段は『柿山伏』の後見などあまりしませんが、そんなローテーションだと後見に座ることもありました。意外と見えてくる宮本さんと榎本さんの個性。また別角度から見るのも勉強ですね😊👍

子どもたちも、声を出して「笑って」みようという学校や、素直に反応する学校とまちまちです。わざとらしく「笑って」見るのも大いに結構ですが、それが本当に「楽しい」という感情から生まれたの?と思いながら、僕はムスっとした顔で演じました(笑)でも次第にそういった笑い方から、素直な笑い方に変わっていくのは嬉しい瞬間です。
逆に、全く笑わないと僕はニコニコして演じます。どっちが良いかは分かりませんが、少しでも「本物の笑い」に気付いてくれたら嬉しいです🤣
秋も近く、そんなに暑くない中で上演できてよかった~(笑)子どもたちも、囃子(四拍子)の体験では積極にやってましたし、狂言体験も楽しんでくれました✨
ツアーはまだ続きますが、どんな子どもたちに出会えてどんな『柿山伏』ができるか楽しみです😆

◎  神奈川県文化芸術情報サイト「マグカル」にコラムVol.3を掲載させて頂きました! 

神奈川文化芸術情報サイト「マグカル」に連載させて頂いているコラムが第3弾としてアップされました!今回は狂言教室についてです!地域に密着した教室を目指しています☆ぜひ読んでくださ~い♫僕のむか~しの写真も載せて頂きました😊可愛い(笑)
こちらからご覧いただけます。
https://magcul.net/116606

◎  新作狂言を子どもたちに。  


鹿児島単独出張は、長閑な小学校でした。今回は初めての経験をさせて頂いてます。
それは、ここ伊佐市に伝わる「猿の腰掛け石」という昔物語を、狂言にする。という作業です。
もはや新作狂言ですね。大藏家もそんなのやるようになったんだと思ってもらえたら幸いです。
普通の狂言ワークショップとは違い、きっちり稽古をしていきます。地域に伝わる伝承を題材にする事で、地域を見直すこと、芸能を通して表現することの楽しさを発見すること、子どもたち同士のコミュニケーション向上と、いろんな所に役に立つと思います。
今日は狂言の世界を紹介し、体験し、少し稽古をすることができました。子どもたちも素直で前向きに取り組んでくれています。
今度は月末に2日間訪問して仕上げます。初めての事で不安ばかりですが、子どもたち、スタッフ、先生方が良い雰囲氣なので、素敵な作品になると思います♫


back to TOP