FC2ブログ

ノリノリ狂言生活

◎  父の代役 


8月下旬から急に父の声が出なくなってしまいました。カスカスの声でボソボソ話す姿は今まで見たこともなく、本人も初めての事でしょんぼりしていました。一時はどうなるか不安だったけれど、9月中旬には完治して今は復帰しています。各方面に皆様にはご心配お掛け致しました。


短い期間でしたが、父の代役を勤めた舞台が2つありました。『呼声』と『萩大名』。どっちも良く番組に並ぶ演目なので即座に代わることが出来ましたが、プレッシャーと責任が重くのしかかった舞台でもありました。


シテ方の各流儀やそのお家が毎月のように催す会があります。いわゆる「能会」「定期能」と呼ばれる会です。その会に私達狂言方は声をかけて頂き出演します。いわゆる興行主からのご依頼なわけで、代役といえど大変ご迷惑をかけてしまった上に、自分が父の代わりに狂言のシテ(主役)をするわけです。失敗したら…とは思いませんでしたが、主催の皆様、公演を楽しみにしていて下さったお客様に「代役でも納得していただけるような狂言を!」と半ば切腹覚悟で臨みました。


責任とプレッシャーとのせいか、いつもより舞台が広く、熱く、時間がゆっくり流れているような感じがました。これがいいのか悪いのかは分かりません。芸が良かったのか悪かったのかも分かりません。ただ、自分の芸や存在や立場を問われているような、舞台の上でそんな事を感じていました。


お他所の会でシテを勤めるというのは、そんな葛藤の中でも押しつぶされずに、自分を律し、自分たらしめる確固たる芸でなければならないんだと思います。


少しだけ階段登りました。少しだけ、もうすぐ先の40代としての或るべき姿が見えました。ここが正念場。努力を重ね、芸を磨き、人として成熟できるよう精進してまいります。今後ともよろしくお願い致します。

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://ohnori.blog52.fc2.com/tb.php/1271-f3249489


back to TOP