ノリノリ狂言生活

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  文化庁能楽巡回公演(九皐会)~京丹後ツアー~  

火曜日から今日まで、文化庁能楽巡回公演で京丹後の小中学校を回っていました。ご一緒させて頂いた九皐会の先生方、有難うございました🤗
ひとつ前の記事のタイトルで「京都は豊岡」と書いてますが、豊岡は兵庫県でしたw ツアーは京都府内だけど、定宿にしてたのは兵庫県豊岡。ややこしいなw 間違いはそのままにしておこう😜公演のレポを掲載します。
ーーーーーーーーーー
10/10(火)
今日は、久美浜中学校で能楽公演!お囃子体験が楽しそうだった😄中学生は大人しめだったけど、楽しそうにはしてた♪良かった良かった😘


10/11(水)
今日は与謝郡与謝野町石川小学校でした。こじんまりとした可愛らしい体育館です。
今日も今日とて「柿山伏」。とある先生に、カラスの鳴き真似についてご教示頂き実践してみましたが、新しい境地が拓けたかと実感しました。とかく人のご意見は素直にいただくことが肝要と思います。
年に50回も上演している「柿山伏」では御座いますが、いまだに新発見があるという事が、古典の面白さであり奥深さかと思います。
子供達も大変喜んでくれました😆


10/12(木)
ツアー…何日目か、もはや忘れましたw
今日は舞鶴市立明倫小学校での文化庁公演。近隣の小学校と合同だったため総生徒数400人規模の公演でした。体育館が広いので、座席後方の生徒に届くようめいっぱい声を出し、自分の声が空気を伝って行く距離と時間を考えながらゆっくりと間をとるように心掛けました。
子供達は笑う😄笑う😄笑う😄笑う😁反応が良く、終始笑ってくれました。
能は「土蜘蛛」を上演されましたが、シテがクモの糸を投げる度に歓声があがり、最後の方は演能中でしたがチラホラ拍手も湧いていました。純粋に感動をした結果の拍手だったと思います👏
上演後のワークショップは、お囃子と狂言。お囃子は太鼓、笛、大鼓、小鼓の順に全生徒が学びます。さらに各楽器を、代表生徒が舞台上でプロの能楽師の先生と一緒に囃し、さらに全生徒も小鼓と大鼓に分かれてのセッション。とても大盛り上がりで、日本の楽器の音や掛け声、持ち方なども充分に学ぶことができたのではないでしょうか。
終わったあとに、各楽器を学んだ代表生徒が能楽師の先生と写真を撮ったり、色々な質問をしていましたが、彼らの目はキラッキラと輝いていて、胸の奥で夢が芽生えたのではないかと感動しました。
明日の公演が京丹後ツアー編は最後ですが、子供達にとっては初めての体験。僕も疲れを残さず新鮮な気持ちで臨みたいと思います。


10/13(金)
文化庁京丹後ツアー最終日。今日は京丹後市立網野中学校での公演でした。
学生が体育館に入る時からものすごく静かに入場し、開演までの10分間もずっと静かにしていた中学生たち。楽屋で装束を着付ける音が聞こえてしまうくらい静かでした。
狂言が始まってもずーーっと静かでした。静か過ぎて、こっちが笑っちゃうくらい静かでした。でも決して寝たり顔を下に向けている子はいませんでした。真剣に見てくれていたのはよく分かります。
演能中も同じ姿勢で鑑賞していました。ワークショップでお囃子体験もとても静かに体験していました。声を出すのが苦手な学校なのか、次の狂言体験がかなり心配でした。
こういった学生の反応の場合、体験での対処方法は2つあります。淡々と進めるかピエロになるか。さすがにピエロになる勇気は持てなかったし、淡々と進めるのも寂しいし、何よりも彼らの事を信じたかったので、第三の対処法を発動させました。それは淡々とピエロになる。という事です。
その場合フォーメーションが変わります。いつもは僕が進行していますが、淡々と進めることができる榎本さんにチェンジ。筋立てた説明で淡々と進めていき、モデルになるのは宮本さん。実直なパフォーマンスを披露していきます。そして僕がピエロになります。要はおちゃらけキャラです。
こうして三者三様の役割を果たして対処できるのは門弟の強みです!
功を奏したのか、子供達も声が出るようになり、代表で舞台に立った学生も楽しそうでした😄最初は緊張していたんでしょうね~。
中学生は難しい時期でもあり、また地域性や学校の雰囲気、指導方法など、所を変えれば様々な学校がありますが、大切なのは私たちが彼らの感性をどれだけ信じられるかだと思います。その感性に訴えるようなスキルを常に磨き続けたいと思いました。
体験の反応を見て、能楽の「楽しさ」を十分に伝えることができたと思えました⭐︎
文化庁関係のお仕事はまだまだ続きますが、京丹後ツアーはこれでお終いです。有難う御座いました。

※ちなみに体育館は芝生ではありません。緑色の敷物です(笑)

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://ohnori.blog52.fc2.com/tb.php/1206-7f9c79d3


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。