ノリノリ狂言生活

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  Heart of Kyogen 2017 振り返り~ニューヨークへ向けて!~ 



「ニューヨークでの公演頑張ってくださいね!」
終演後に熱い握手を交わしながら、そう言葉をかけて下さるお客さんがいらっしゃいました。お客さんと「ニューヨーク」が繋がったと思えた瞬間でもあり、訪米するんだという実感が湧いてきました。
昨年のニューヨーク公演の内容は以下の記事に書いてありますが


http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1135.html


http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1136.html

http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1137.html

http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1139.html

http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1138.html

http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1140.html


前日に私も自分のブログを見返していて、公演やワークショップの内容、出会った方々、喜んでくれたお客さん、苦労したことや考えさせられたこと、NYの街並みや面白いエピソードなど、色んな事が思い浮かびました。いや~、楽しかったなぁ😁
NY公演やその街を、もっとお客さんに感じてもらえる方法はなかったかな。できれば皆さんと共感したかったです。あたかも能楽堂がNYであるかのような「何か」が欲しかったかも。これは反省点ですね😓






ともあれ、公演では昨年同様、小舞「三人夫(さんにんぶ)」を舞って開演。
「Good afternoon!」で始まり、「My name is Noriyoshi Ohkura. Please call me "Nori".」などという自己紹介(これはNYで実際やっていた事なのです)をして、本題に導入しようと思ったのですが、事前に却下されてしまい(笑)、通常の自己紹介へと直しました。これはこれで良いと思ったんだけどな。。。
最初のお話しでは、昨年のNY公演を大二郎くんと振り返り、お客さんの違いや文化の違い、また面白エピソードで盛り上がりました。
解説は至って簡単で、狂言について、また演出方法をさくっと解説しました。ちょっと反省点で、やっぱり日本語が通じるとなると実演よりも「喋り」が長くなってしまいますね😵もうちょっと表現方法・演出方法を伝えたかったのですが、言葉が通じるというのはとても安心します。






引き続いてご覧頂いたのは狂言「清水-Shimizu」。
単純なお話であることと、狂言面がとても魅了するアイテムにもなりますね🌟
そして「蝸牛-Kagyu」。皆さんよーく笑ってくれました。日本に留学している学生さん(たぶん小学校高学年~大学生)も何名かいましたが、山伏が登場して笑い、山伏が正面を向いたら笑い、名乗って笑い、寝て笑い。といった具合によく笑ってくれたのですが、やはり子ども達の笑い声があると、大人も自然と良い雰囲気になりますね😁🎶
ほんわかした中で、とても良い舞台ができたと思います。



最後は質疑応答。いろんな事に疑問を持ってくださり、初めて狂言を観るお客さんも多かったようです。
お見送り時に皆さんに挨拶しましたが、皆さんとてもご満足して下さったようで安心しました!


「ニューヨークでの公演、頑張って下さいね❗️」
何かが伝わった感じと、日本でのこの気持ちをNYに届けなきゃ❗️❗️と、強く思いました。
ニューヨーク公演は、9月25日から一週間です。ブログを通じて報告しますね😁



お世話になりました、主催のNoh Societyとスタッフの皆さま、ありがとうございました!!

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。