ノリノリ狂言生活

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  狂言LABOin流山。実験報告書。 


20170321134059645.jpg


開催日/2017年3月25日(土)

天気/快晴

場所/一茶双樹記念館(流山市)

サイト/http://www.issasoju-leimei.com/issa/issa_index.html

参加人数/30名

実験内容/歴史ある古民家でどれだけの臨場感がでるのか!お抹茶とのコラボはいかに!?

ーーーーーーーーーーーーーーー


大藏教義 狂言LABO 一茶双樹記念館


前日のそれとは変わって空は快晴。暖かい陽射しに、庭園の草花も春の準備。

僕たちは会場整理とイベントの準備。ワクワク感がリンクする。


前回開催した『狂言LABOin柏』からの御縁で、今回は流山での開催となりました!!!人のつながりと言うのは面白いですね!まさに「和から輪」になっておりますヽ(^o^)丿ワーイ

前回と同様に古民家での開催でしたが、前回の旧吉田家は醤油醸造。今回の一茶双樹記念館はみりん醸造。昔ながらの街並みを残す風情ある場所でした。


ーーーーーーーーーーーーーーー

狂言LABO 大藏教義 一茶双樹記念館 茶利ティー


前回と同様の内容でしたが、今回はお抹茶とのコラボ。

実は『狂言LABO』の前身となる、私主宰の「KANJIN狂言」の第1回を一緒に催した、茶道家大屋氏に協力してもらいました。大屋氏は、3.11の震災以降、「IPPOIKKO」というチャリティープロジェクトを主宰し、お抹茶を点ててチャリティーをする文字通りの「茶利ティー」を主宰しています。一服30円の募金制。狂言と同じように、日本文化に親しんでもらうきっかけも兼ねての活動です。

詳しくはホームページをご覧ください。「IPPOIKKO」http://ippoikko.info/

「KANJIN狂言1st」の公演レポはコチラ→http://kichijirou-kyougenkai.jp/kanjin/20111022-ito/



ーーーーーーーーーーーーーーー


狂言LABO 大藏教義 一茶双樹記念館


進行①開場時にお茶を振るう!

さぁ!開場と同時に、お客さんにお茶を振舞う大屋氏。お客さんは縁側でお茶を召し上がっていましたが、なんとほのぼのとした風景でしょう!!!このほのぼの感によって、みなさんとてもリラックスして「狂言LABO」を楽しむことができたのだと実感しております!!


ーーーーーーーーーー


狂言LABO 大藏教義 一茶双樹記念館


進行②実技を交えてレクチャー

基本的には、前回の「狂言LABOin柏」と同じ内容です。やはり、狂言をご覧になったことがないという方々が多いので、初級編の内容をお送りするのがベストと思っていましたが、中には能を習われていた方、よく能楽堂へ通われていた方、また驚く事に「狂言LABO」ファンの「あの子」がまた来てくれました!!「狂言LABOin柏」「カシワノハフェス」と来てくれて、これで3回目!!とても嬉しい事ですね(´∀`*)ウフフ

前回の内容はコチラ 「狂言LABOin柏」http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1143.html


ーーーーーーーーーー


狂言LABO 大藏教義 一茶双樹記念館


進行③Let's try!盃の体験!

これも前回同様(笑) でも、誰もが親しめる体験として、狂言に度々登場するワンシーン「盃」の動きを体験してもらいました(*´∀`) これは勧める僕としては冒険だったりします(笑) 反応がイマイチだったらどうしようとか(;^ω^) しかし、みなさん「それそれそれ・・・」「オ、オ、オオオオ・・・」と、とても大きな声で楽しんで下さいました♪♪♪ おうちでやってるかな~。

 

ーーーーーーーーーー


狂言LABO 大藏教義 宮本昇 一茶双樹記念館


狂言LABO 大藏教義 蝸牛 一茶双樹記念館


進行④狂言「寝音曲」と「蝸牛」を楽しむ!

毎回、どんな演目にしようか悩みます。今回もお庭があったので、やっぱりお庭がテーマの「萩大名」にしようかとも思っていました。しかし!!!そんな時に「あの子」の顔がよぎったのです!!そうです。「狂言LABOin柏」「カシワノハフェス」に来てくれた「あの子」です!

「もしかすると今回も??」と思った僕は、同じ演目は置いておいて、この2演目を選びました。案の定、来てくれたので良かったと思いました。せっかく見に来てくれるのに、同じ演目よりは違う演目のほうが楽しいですもんね(≧▽≦)☆彡


2演目とも、分かりやすいですし、子供からご年配の方でも楽しめる演目です。

大きな笑い声が、広い空に吸い込まれて行ったのを思い出します。


ーーーーーーーーーー
実験結果!!

「狂言を楽しむ」という事を考えていますが、建物しかりお抹茶しかり、環境次第で2倍3倍と楽しんで頂けるのだと思いました。楽しむ前の準備運動。楽しむ前の楽しみ方など、そういったことにも気を配って取り組んでいきたいと思います。


今回は流山市主催でも公演でした。関係者の皆さま、有難うございました。

次回の狂言LABOは…、あそこでするような話も(笑)

決まったら報告しますね!フフフ



狂言LABO 大藏教義 一茶双樹記念館

演者・スタッフと記念撮影☆彡

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://ohnori.blog52.fc2.com/tb.php/1179-8938bdc5


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。