ノリノリ狂言生活

◎  狂言LABO in 柏 実験報告書 



開催日/2016年11月3日(祝)
天気/快晴
場所/旧吉田家住宅歴史公園
サイト/ http://former-yoshida.jp/
参加人数/50名(満員)
実験内容/古民家でどれだけの臨場感がでるのか!また親子参加でどれだけ子供がきてくれるのか!?

ーーーーーーーーーー




心地よい秋風が芝生の上を通りすぎる。
ここは柏市にある旧吉田家住宅公園。昔は醤油醸造で栄えた吉田家のお屋敷であり、今回の『狂言LABOin柏』の会場である。

そもそも『狂言LABO』を目黒のHUB TOKYOで催していた時に参加してくださった方が今回のホストとなり、この情緒溢れる会場を提案して下さいました(^∇^)ほのぼの~って感じ♪

お座敷の広さも十分。庭がとても美しく、下見の段階で庭をテーマにした演目『萩大名』にしようと即決でした(笑)そして家族でも楽しめる『附子』の2番を企画。




ーーーーーーーーーー
進行①「狂言」についてレクチャー

柏初上陸の『狂言LABO』。参加者も初めての狂言であろうということで、「鑑賞の仕方」をレクチャー。
狂言が650年前に大成された演劇で、世界で一番長く続いているお芝居であること。その多くは喜劇でありながらも、人としての生き方を教えてくれる人間讃歌のお芝居であるということ。子供にも大人にも分かるように、幼稚にならずでも大人にならずの話し方が難しかったけど、子供たちもフムフムといった感じ(笑)




ーーーーーーーーーー
進行②実技を交えてレクチャー

何もない舞台で演じるので、擬音や照明などは台詞や動作で表現すること。それらを実技を交えて紹介し、また子供向けに登場人物を当てるクイズをしました。人間はともかく、神様や動物、精霊までも登場する狂言の面白さですが、意外や意外。子供よりも大人が夢中になっちゃって、子供たちにまけじと大きな声で解答してました(笑)良い光景でした☆
動物の動きを実演して見せると、子供も大人も大変喜んでくれました♪






ーーーーーーーーーー
進行③Let's try!盃の体験!

誰もが親しめる体験として、よく狂言のワンシーンである「盃」の動きを体験してもらいました(*´∀`)
みなさんには扇の代わりにパンフレットを持ち、注ぐ役と飲む役に分かれ、注ぐ人は「それそれそれ・・・」飲む人は「オ、オ、オオオオ・・・」といった具合で(笑)みんな上手にできました!そしてとっても楽しそう(*≧∀≦*)これなら日常でもできますね☆
こういうのが出来るのも、お座敷ならではかなと思いますし、なによりお屋敷の木の温もりがそうさせるのか、アットホームな雰囲気だったからこそ、お隣同士、知らない人でできたのではないでしょうか。



ーーーーーーーーーー
進行④「萩大名」と「附子」の前説

鑑賞前に、かなり詳しく解説を。「萩大名」とても面白いお話しだと思いますが、少し慣れていないと分からない事もたくさんあるのが残念でもあります。日本庭園をテーマに歌を詠むのも、すこし理解が必要。そのカンニングを読み解くのも理解があれば爆笑できるはず!ということで、かなり詳しく解説しました。そのお陰で鑑賞時はとても笑いの絶えない最高の時間になりました(^∇^)



ーーーーーーーーーー
進行⑤「萩大名」「附子」楽しむ!

実は、両演目を短縮して上演しました。というのも、通常バージョンで上演してしまうと「何が面白いんだろう??」と、せっかく理解できて楽しくなるであろうはずが、すこし難解な場面に出くわしてしまったために、「やっぱり難しい」と思われてしまうのを避ける為です。本舞台では本舞台の、それ以外にはそれ以外の、また見巧者と初心者と、ターゲットに合わせた上演の仕方もあって良いのではないかと思った次第です。どちらが正解かは分かりませんが、ちょっと実験してみました。
もちろん、つじつまを合わせないとおかしいですから、その辺りは綿密に打ち合わせをしましたよ(^∇^)能楽研究家の先生もいらしておりましたが、不自然でなくてよかった、狂言LABOのような入門編ならあっても良いと思うと、感想を頂きました(*≧∀≦*)

柔軟に柔軟に。そして今は楽しさを追求し共感してもらう工夫をしていきたいですね~☆







ーーーーーーーーーー
実験結果
上演後の懇親会でお客さんから感想を聞くことができました。古民家というロケーションがとても良かったという意見がとても多かったです。また、「萩大名」では庭が実際に存在すること、お座敷だったため「附子」では本当に太郎冠者と次郎冠者が飛び出してきたように感じたなど、臨場感溢れる舞台になりました♪♪また子供たちもたくさん笑い、楽しんでくれたようです(*≧∀≦*)子供がいることで客席も柔らかい雰囲気になるようです☆
短縮バージョンでも違和感なかったけど、通常バージョンも見てみたい。能楽堂にも行ってみようかな☆など嬉しいお話しもありました(^∇^)/

僕もやって良かったな~O(≧∇≦)Oと思えるイベントでした☆ホスト役をしてくださった波木さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました♪♪♪

皆さんの平和と幸せを願ってます(*^^*)fin


COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://ohnori.blog52.fc2.com/tb.php/1143-53c42e6f


back to TOP