ノリノリ狂言生活

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  「Heart of KYOGEN in NYC」3rd day 




10.21.2016 ハンター大学日本語学科にてLecture.
ハンター大学の、こんどは日本語学科の生徒にLectureを。

日本語と言っても、そこまで話せる生徒もいないというのと、狂言を見たことがないというので、狂言について前日と同じような内容のLectureを。この日は「柿山伏」を演じました。
狂言面を着けると一気に盛り上がりますね~(笑)

この辺は、日本の大学生とほぼ変わりませんね(笑)

左側の男の子は妙なポーズしたりしてお茶らケてくれました!





でも、「面は我々にとってとても大事な小道具の一つ。万が一落として壊れてしまったら、取り返しがつかない!!だからとても丁寧に扱って下さい。」と説明すると、物凄く緊張しちゃって大人しくなっていました。でも、しっかり相手の気持ちを汲むというか、真摯に受け取ってくれて、とても丁寧に面を着用してくれたのが嬉しかったです。


質問も多く印象的だったのが、「同じ型を磨き続けて、また父親(先生)と同じ事をしているが、どこを目標にしていますか?」という質問です。

同じ型を磨き続けることで、より心が自由になること。そして、先輩も後輩も同じ型をするということは、みんな同じスタートラインでありとても平等で有ること。その中でどう自分らしさを出していけるかが課題であり、父の芸を目指しているが、父よりも上手くなりたい。

というような事を答えたと思います。(多分・・・)


ここでも、とても熱心に聞いてくれました。やっぱりみんな大人びてるなぁという印象。

日本に興味を持ってくれてホント嬉しいです!!












COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://ohnori.blog52.fc2.com/tb.php/1137-77767e77


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。