ノリノリ狂言生活

◎  2018年3月10日~狂言と日本舞踊~公演レポ 

気付いたらもう3月も終わりで、花も真っ盛り…。花見を楽しむ余裕すらなく、慌ただしい毎日が無常に過ぎて行きます(^_^;) 生活に時間的余裕がないのはマズいですね。
blogもぜーんぜん更新しておらず、大変申し訳ないです(*_*;3月の事は3月中に振り返っちゃいましょう!!



3月10日(土) 狂言と日本舞踊。
いつもご一緒させて頂いている西川流の西川真祐乃さん。前回は北浦和にある料亭二木屋さんでの催しでしたが、今回は上野公園の応挙館で。
今回は共通の演目「七つに成る子」を、舞比べ踊り比べしました。前から舞踊に「七つに成る子」があるのは知っていて、いつかやってみたいと思っていたので、それが実現できて嬉しかったです。



やはり舞踊は華やかですね。長唄とお囃子。そして曲線的な踊りが美しく、また女性の柔らかさが合わさってうっとりしちゃいます。歌詞は98%同じでした。もともと狂言にあったものを舞踊にしたそうですが、西川流ではほぼ上演しないとの事で、今回安易に僕が提案してしまったのですが、西川流の御家元からお許しを頂いての上演となりました。舞踊では、この曲は子どもに教える初歩的な動きの連続で構成されているそうです。
その後に狂言小舞「七つに成る子」を舞いました。「比べ」て観てもらうわけで、いつもよりとっても緊張しちゃいました(^_^;)自分から提案したのにw で、舞ってる最中、感情はどうしたらいいのだろう?と迷っちゃいました。何も考えずに舞う事も大事ですが、でも役者が何も考えずに行う動きを、お客さんは観ていて面白いのかな? きっと謡と舞とお客さんの相乗効果というか、この三者が何かを共有していないと面白くないのでは?などと、終わってからですが色んな事を考える良い機会になりました。答えは出てないけど、やっぱり舞ってて楽しい舞をしたいなー。



舞比べの後は、舞踊「猿舞」。これは男舞の一つ。女性が男性を演じるのは難しいと思いますが、俊敏な動きや勇ましさ、さらに殺陣も加わり力強い踊が印象的でした。西川流お家元の得意な演目だそうです。


続いて「土筆(つくづくし)」。天気も良いので遊山に出掛けた男二人。そこで「つくし」が生えていることに気付き、摘んでお土産にしようとします。男Aが「つくづくしの首、しおれてぐんなり」とヘンテコな歌を詠む事から事件が勃発します。男Bは、それを言うなら「我が恋は 松を時雨の染めかねて 真葛ヶ原に風さわぐなり」であって、「風さわぐんなり」とは可笑しいと大笑いします。気分を損ねた男Aは、場所を変えようと沢へ繰り出します。そこには「シャクヤクの花」が咲いており、これを見た男Bは「難波津に シャクヤクの花 冬籠り 今を春べと シャクヤクの花」と古歌を引用します。これを聞いた男Aは、それを言うなら「難波津に 咲くやこの花 冬籠り 今を春べと 咲くやこの花」と訂正をして大笑いし返します。二人とも「ぐんなり」「シャクヤクの花」と、お互いが間違えた事を罵り合い大笑いします。最後は相撲で決着をつけるのでした。人をののしるのが、客観的に見てこんなにも可笑しく愚かであることを、笑いをもって教えてくれます。
今回は相手役に、内弟子の上田君。いくら演技の上と言っても、弟子に笑われるのは気分が良くないです(笑)でもそこはリアルな感情がこみ上げてきたので良しとしましょう(笑) 春も待ち遠しい季節ならではの選曲でした。



開演前は曇り空が広がり、会場内もストーブを焚くほどでしたが、開演と同時に晴れ間が出て気温も上昇。良かったです。色んな角度から狂言を見なおす機会でしたし、楽しいイベントとなりました。また、知人のお客さんも多くお越しくださいまして嬉しかったです!
また是非会場でお会いしましょう~☆





◎  飛んだ!飛んだ!鳶が飛んだ! 

今日は午前午後と鎌倉能舞台で市内の小学生向けに「柿山伏」を上演。飛んでる(笑)鎌倉能舞台のスタッフの方が撮って下さいましたが、ナイスタイミングです✨子どもたちはゲラゲラ笑ってくれました😆
鎌倉能舞台の中森貫太先生、スタッフのみなさま有難うございました❣️

◎  文化庁講師派遣事業ワークショップ~小平市立第12小学校~ 


今日は文化庁講師派遣事業ワークショップの仕事で、小平市立第12小学校へ行って来ました。対象は6年生60人程度で、ワークショップには程よい規模の人数!生徒1人1人としっかり向き合う事ができます。
最初は緊張気味だったけれど少しずつほぐれていき、途中からたくさんの笑顔を見る事が出来ました。『柿山伏』上演中は、事前学習のせいかとても真剣に見てくれました。きっと自分たちが想像したものと比べているはず。アンケートには、想像以上に面白かったという声も。
体験では積極的に着付けの試着やセリフの言い回しなどにも取り組んでくれて、担任の先生曰く、生徒の意外な良い一面を見る事が出来たと喜んでもらえました。

そもそもワークショップだから、狂言の紹介なんてどうでも良かったりします。ワークショップは授業ではないので。ただ狂言を通して、表現することの楽しさや個性の発見、さらに自己発見と他者発見が目的です。これはこの事業に取り組む当初から変わってません。なので、今日は先生にそう言って頂けてとても嬉しかったです。
さらに!?先生から「以前、劇団〇〇にワークショップをしてもらったけど、その時よりも子供の反応が良かったし、なにより笑顔が多かった。」と言って下さいました。
日本が誇る劇団〇〇よりも良かったって、これは相当自信に繋がる嬉しい言葉でした😆

派遣事業ワークショップが多くなるこの時期。幸先の良いスタートになりました♪
お世話になりました先生方、小平こども劇場の皆さま、ありがとうございました💛

◎  文化庁鹿児島ワークショップ。振り返り☆ 

9月もあっという間に終わっちゃう!!
ただいま、成田エクスプレスの車内です。
ニューヨーク公演前に、振り替えっておかないと!という事で、せっせと書いております(((^_^;)

鹿児島での文化庁ワークショップ。今回は狂言のみです。
河頭中学校、西指宿中学校、野田中学校。いずれも全校生徒80人~100人が楽しんでくれました☆

本音を言うと、中学生は苦手だったりするのです。あまり相手にされなかったりするんじゃないかという不安が。。。というかトラウマが(;´д`)
しかし、昨年もそうでしたが、鹿児島の中学生はみんな素直で良い子ばっかり!!疑っていた自分がちょっぴり恥ずかしく、彼ら彼女らに申し訳なるくらい、みんな良いヤツでした(^3^)/

やっぱり、山や海の大自然に囲まれた豊かな場所だから??
それとも、山の幸、海の幸など美味しいものをたくさん食べているから???
ともかく友達になってくれた感じがします(笑)
終わったあとも、何人かSNSで反応を示してくれましたのがとても嬉しかったゼイ(^^)v

内容も、小学生対象のワークショップとほぼ変わらず。
興味を持つところもほぼ同じ(笑)
見たことないものだから、その辺は子供も大人も同じですね。

開始導入部分には、いつもなごませるために「朝何を食べたか?」という質問をします。パンよりもお米派が多かったです。そして、鹿児島と言えば豚肉!!しかし、多かったのは鶏肉。なんで?って思ったけど、中学生といえば「唐揚げ」ですね!後で気づきました(笑)
そして、やっぱり納豆を食べる子は少ないのね。だってここは西日本。どの県までが納豆食べる文化なんでしょう?テレビで「日本人が好きな納豆!」とか言っているけど、あれはウソですかね(笑)
事実、納豆を食べたことがない子が数人いました。

そんな感じで、鹿児島の恵み豊かな大自然と共に育つ子供たちに狂言を届けることができました!

お世話になりました、各学校の先生方、コーディネートしてくださった鹿児島子ども芸術センターの皆様、誠にありがとうございました。












◎  Heart of Kyogen 2017 振り返り~ニューヨークへ向けて!~ 



「ニューヨークでの公演頑張ってくださいね!」
終演後に熱い握手を交わしながら、そう言葉をかけて下さるお客さんがいらっしゃいました。お客さんと「ニューヨーク」が繋がったと思えた瞬間でもあり、訪米するんだという実感が湧いてきました。
昨年のニューヨーク公演の内容は以下の記事に書いてありますが


http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1135.html


http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1136.html

http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1137.html

http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1139.html

http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1138.html

http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1140.html


前日に私も自分のブログを見返していて、公演やワークショップの内容、出会った方々、喜んでくれたお客さん、苦労したことや考えさせられたこと、NYの街並みや面白いエピソードなど、色んな事が思い浮かびました。いや~、楽しかったなぁ😁
NY公演やその街を、もっとお客さんに感じてもらえる方法はなかったかな。できれば皆さんと共感したかったです。あたかも能楽堂がNYであるかのような「何か」が欲しかったかも。これは反省点ですね😓






ともあれ、公演では昨年同様、小舞「三人夫(さんにんぶ)」を舞って開演。
「Good afternoon!」で始まり、「My name is Noriyoshi Ohkura. Please call me "Nori".」などという自己紹介(これはNYで実際やっていた事なのです)をして、本題に導入しようと思ったのですが、事前に却下されてしまい(笑)、通常の自己紹介へと直しました。これはこれで良いと思ったんだけどな。。。
最初のお話しでは、昨年のNY公演を大二郎くんと振り返り、お客さんの違いや文化の違い、また面白エピソードで盛り上がりました。
解説は至って簡単で、狂言について、また演出方法をさくっと解説しました。ちょっと反省点で、やっぱり日本語が通じるとなると実演よりも「喋り」が長くなってしまいますね😵もうちょっと表現方法・演出方法を伝えたかったのですが、言葉が通じるというのはとても安心します。






引き続いてご覧頂いたのは狂言「清水-Shimizu」。
単純なお話であることと、狂言面がとても魅了するアイテムにもなりますね🌟
そして「蝸牛-Kagyu」。皆さんよーく笑ってくれました。日本に留学している学生さん(たぶん小学校高学年~大学生)も何名かいましたが、山伏が登場して笑い、山伏が正面を向いたら笑い、名乗って笑い、寝て笑い。といった具合によく笑ってくれたのですが、やはり子ども達の笑い声があると、大人も自然と良い雰囲気になりますね😁🎶
ほんわかした中で、とても良い舞台ができたと思います。



最後は質疑応答。いろんな事に疑問を持ってくださり、初めて狂言を観るお客さんも多かったようです。
お見送り時に皆さんに挨拶しましたが、皆さんとてもご満足して下さったようで安心しました!


「ニューヨークでの公演、頑張って下さいね❗️」
何かが伝わった感じと、日本でのこの気持ちをNYに届けなきゃ❗️❗️と、強く思いました。
ニューヨーク公演は、9月25日から一週間です。ブログを通じて報告しますね😁



お世話になりました、主催のNoh Societyとスタッフの皆さま、ありがとうございました!!

◎  2017文化庁巡回公演(皐風会)in西表島 






先日は観世流小島英明師主宰の皐風会の一員として、文化庁巡回公演で西表島の上原小学校へ訪問し、狂言「柿山伏」と能「羽衣」を見てもらいました。

西表島での能楽公演は、おそらく初めてとのこと。能楽650年の歴史の中で初!そして、たぶん能楽史上最高の暑さだったと思います(笑)
体育館はめっちゃ蒸す(;´д`)
子ども達も暑い中でも真剣に見てくれて、狂言体験では意気揚々と参加してくれました(*≧∀≦*)

暑くて体がついていかなかったけど、良いものを送ることができたと思います☆




写真は石垣島から西表島への航路で出逢った気色。ガスが出て、もはや海か空かわからないけど、船がポツンと浮いてました。






西表島はモンスターハンターできそうなジャングルでした(笑)





天然記念物の前歩きのカニと亀。





帰りがけに15分ほど寄った、星の砂がある浜。思わず入っちゃいました(笑)暑かったから気持ちいい♪



イリオモテヤマネコには逢えなかったけど、銅像の前で記念撮影☆

今度は家族で来れたらいいな~♪♪♪

◎  「18th吉次郎狂言会」公演レポ。全てを込めて「コキャロ~」!  






先日、一家主催の自主公演「第18回吉次郎狂言会」も無事に終わりホッとしております。

ご来場下さいました皆さま、ご声援下さいました皆さま、誠に有難うございました。


さて、さらっと振り返ってみたいと思います。


まず自身が演じた「鶏聟-古式」。

酉年に因んで出す事が多い演目で、自然とチョイスされるわけです。

番組を組むときも、今年は特に外せないわけですね~。

しかも僕が年男なので、なおさらですね(笑)

十八番にしてもいいかな(´∀`*)ウフフ


で、今回は小書き(=特殊演出)として「古式」にしました。

ご覧頂いた方は分かると思いますが、鶏の鶏冠に似せたアノ赤い烏帽子です。ホントこの発想は面白い!大胆かつ奇抜!この演出を初めて知った時は感動しました!

やるならやっぱりこっちのほうが面白いし映える。

当日が楽しみでした♪


会は『蚊相撲』『栗焼』『鈍太郎』と続き、『栗焼』は後見にも出ていたので、会の流れをちょっと把握できた感じです。お客さん楽しんでるかな?と。

熟練の先生方が出演される最後に演じるので、とりあえず空気を変えて「若々しく」「華やか」に!!という事を心掛けていました。


いざ幕にかかり、善竹十郎伯父に袖を入れてもらい、身支度をしていると、十郎伯父が「いよいよ真打登場だね!」と声を掛けてくれました。「真打」はご存知の通り落語の言葉ですが、要は「エース」ってことですよね。励ましの言葉を頂いて、力が湧いてきました♪





ところで、この『鶏聟』のテーマってなんだ?と考えると、ストーリーだけ追っていけば、聟入りについて何も知らない聟が意地悪な人にだまされて恥をかいてしまうって事だけになっちゃいますね。
きっとテーマは「常識」についてなんじゃないかなと思います。今の情報社会では、結婚式の祝儀やドレスコードなどについて「一般常識」を知ることは容易です。しかし、狂言が成立した時代~江戸時代などは、隣の国の言葉すら訛りがあって会話できない時代。生活の習慣すら違えば、作法もなにも異なることばかりだったでしょう。そんな中で「常識」なんて言葉が存在したのでしょうか?

見方を変えれて、あの「こきゃろ」が常識的な挨拶だったらどうします??
「常識」もところ変われば「非常識」なんてことは、今の現代で特に海外生活されている方ならばよく分かると思います。

大事なことは「和合」。それを教えてくれたのが舅役なのでしょう。
これは問いかけです。皆さんの身の回りで非常識な人と出会ったら 、あなたはどう対応します?

たくさんの見方や感じ方があるので僕の考えが正しいとは思わないけど、そんな「演目」からの問いかけに耳を傾けてみるのも面白いですね。






さて本題。
例によって、どこで笑ってもらえるか、その伏線を張るかを考えていました。

①まず名乗り。最初の「人のいとしがる花婿」。そして「あのお方は、再々聟入りをなされて(躾容態を)良うご存知で~」の2箇所。ここでドッカンとはならなかったけど、くすくす笑いがあって良かったと思います。


②また、善竹富太郎兄のもとへ訪問し、聟入りする服装を見てもらう場面。「何ときらびやかに見えまするか」は伏線で、つぎの言葉「とてもの事にとくと見てくだされい」と舞台を回る場面。ここは得意になっていた方が筋からしても良かろうと思ってました。


③そして例の如く鶏冠を付ける場面。赤い烏帽子を装着中に、くすくす笑いが起きてて、もっと笑ってくれてもと思いましたが、それはこちらの誤算で、烏帽子を付けて立った後に笑いが起こりましたね。きっと、みなさん「くるぞくるぞ」と思いながら、完成した姿=立った姿が面白かったんですね。なるほど~と思いました。


そのあと、舅の家へ行く途中で気を付けなければならないのが、富太郎兄に教えてもらった躾容態(鶏の真似)を、「決して疑ってはならない」という事です。これは、書物(台本)を読むと分かりますが、舅の家に行く途中で「問うは当座の恥、問わぬは末代の恥と申すが、(躾容態を)問わずに(舅のもとに)参ったならば、定めて恥をかくであろう」と、独り言を言っていますが、この聟自身、全く疑っていないので、その辺りは書物がよくできているのだと思います。


④あとは、舅の門前で鶏の真似をする場面。「こうこうこう~」と溜めをつくると良いのかな~と思いながら、「こきゃ~」と弾ける。最近はよく子ども向けのイベントなどで、子供たちにも体験させますが、彼らも面白がってやります。重要なのは、テンションマックスで恥ずかしがらない事です(笑)


⑤「こきゃ~」2回目。舅に向かってするわけですが、これもさすが忠一郎伯父で、ああいう風に自然と驚く。動きが決まっている型、また予測可能な動きではありますが、自然と驚くさまを演じるのは、とても難しいんです。こっちが笑っちゃいますよ(*´▽`*)


⑥舅と蹴り合う場面では、これも大事な事は「真面目」に蹴り合うことです。はたから見てれば面白い滑稽な動きですが、当の本人が楽し気に蹴りあっては面白みも半減。大の大人が真面目にああいう動きをするから、客観的に見て面白いんだと思います。まさに「真剣勝負」でした!!


⑦最後、これは出る直前に「ああそうか」と思ったのですが、一番最後の聟が「勝どき」を挙げる場面。地謡の謡とともに舞を舞い、さいご正先に出て「こきゃろ~」と言う場面ですね。

ここで拍手が来ればいいなーと、ひそかに思っておりました(笑)


自分の中では、最高の「こきゃろ~」でしたが、拍手が上がらなかったのは力量不足だったと悔やまれます(+_+)もちろん、拍手を求めているわけではないし、そのために「こきゃろ」するわけではありませんが、あそこで拍手があがったとしたら、それは会場が一つになって何かが「昇華」する証でもあると思うんです。皆さんの気持ちが一つになる。とかそういた意味です。


僕たち役者は、その引率者というか、みなさんのテンションや気持ちの抑揚を上手く引っ張るような役割もあっていいのかなと。冷静に考えると、「こきゃろ」だけではなく、その前の段階で何かしら伏線を張っていなかった。いきなり「こきゃろ」で結ぼうとしてしまった感はあります。舅ととの蹴り合いから、結びの「こきゃろ」の流れを、もうすこし研究しなければなりませんね。


なによりライブですから、お客さんと演者との関係、また会場の気持ちが一つになったら素敵であり、幸せな気持ちや満足感も、10倍20倍に膨れ上がると思います。幸せは良いものです(*^_^*)



ちなみに最後の「こきゃろ」をしたあと、気持ち少し待ちました(笑)0.5秒くらい。そしたら正面最前列の方が、拍手の準備をし始めたのですが、こちらとしてはあまり「待つ」と、催促だったりイヤらしくなるので、最後の最後の言葉「ぐぅ~~~~」へと移しました。



仕掛けたり、仕掛けられたり、試行錯誤しながらお客さんとの会話を楽しみたいと思う一方で、やはり「客観的に見て楽しんでもらう狂言」や「型の美しさ」「古典に従事」した大藏家の芸と言うものも大切にして磨いていきたいと思っています。


自分で言うのもなんですが、30代になって少し上手くなった??と手応えを感じております(#^^#)エヘッ こんな事言ったら叩かれる?調子に乗るなって言われる?芸は~~~~とか言われる?

そうかもしれませんが、日々自分と向き合ってます。「今」自分にできる最大の芸、「今」自分に咲いている花。長所と短所。それを常に見つめています。自分の力量を知らずして、次のステップは踏めません。

また、舞台の仕事以外にも、ワークショップ(とくに子どもとのかかわり)が多かったりするのも、大変勉強になっております。皆様から頂いたステージを大切に勤め、それを糧に修練して参ります。


今後にご期待ください~☆

ありがとうございました(*´▽`*)




back to TOP