FC2ブログ

ノリノリ狂言生活

◎  外国人向けワークショップ  


先日は、日本在住の外国人の皆さんに、狂言の体験と鑑賞をしていただきました😊
久々に外国人対象とあって、かなりドキドキしちゃった😅一応、日本語は習っているとは言え、ほどほどの人もいます。しかもお勉強の一環ということで、通訳はなし👍

「私の名前は大藏教義です。」「狂言は650年前にできたお芝居、喜劇=コメディーです。」「楽しいです。」「観て笑う事ができます。」
なんて片言の日本語を使いながら進めましたが、皆さんウンウンと首を縦に振りながら理解してくれてました😊✨ヨカッタ

簡単な説明と、型の体験。盃の型を体験してもらいました😊みんなノリノリで驚いた😆お酒を飲んで楽しくなるのは、やっぱりどこも一緒なんだね👍

狂言は「寝音曲」を上演。動きも多いし、観たらわかる面白い話🤣こういう演目をもっと増やしたらいいのにと思う🧐案の定よく笑ってくれました👍

最後はサプライズ~🌸って事で、装束を着て貰いました。プライバシーのためお顔を隠しておりますが(すみません💦)左の女性の装束を男性が着て、右の男性役を女性が着ました👨‍🦱👩‍🦰これにはみんな大ウケです🤣
もっと上手く話せたらな~とちょびっと反省。やっぱりワークショップなどは、子ども向けなども含め、コンスタントにやっていないとダメだな~と思いました👌研究しよ😊👍
そして何より、海外のお客さん向けに能楽を楽しんでもらおうという努力も必要ですね。どこで観れるかと聞かれても、国立能楽堂くらいかな?コストもかかるけどなんとか考えていかなくてはいけませんね🧐課題です。
この日は楽しくも刺激の多い1日でした😊✨
関係者の皆様ありがとうございました👍
スポンサーサイト

◎  「釣狐」振り返り~その1~  

大蔵流吉次郎狂言会 第20回記念公演
令和元年5月26日(日)
国立能楽堂
『釣狐』大藏教義、善竹隆司

「やるかやらないか」
その一心でした。

総括すればベストも尽くせたし、心技体において前回よりも上回っていたと思う。前回は披キだったので緊張もあり、大きな壁を登るのに必死だったり、特別感も持ってました。お客さんも披キだからお祝いムードだったし、手に汗を握りながらの緊張感、頑張れ!という応援的な熱量などいろんなものを、見所(客席)から感じました。

でも今回は再演ということで、客席も落ち着いた雰囲気だったような気がします。ただ出から名乗りなどは自ら緊張感を持って演じる事と、ちょっとした妖しさや不気味さを出そうと心掛けていました。これは再演ならではの心の余裕かもしれません。

体力は20代よりはないでしょう。でも再演、経験、年の功?で、それを補える技術は確実についたと思います。基礎トレーニングも、前回よりはかなり取り組みましたよ👍

ランニング5キロ
インナーマッスル5種
ストレッチ30分
ヨガ20分
これがトレーニングメニュー🏃‍♂️

もちろん毎日はできなかったけれど、5月に入ってからはスパートをかけました😠(どんなトレーニングかは後述しますね🤗)


ランニングはともかく、現代は健康主義ですから色々なトレーニングの本が出てますね。インナーマッスルなどは、ネットで検索すればyoutubeで丁寧に教えてくれます❗️ヨガも含めて体幹を中心に鍛えてました。さらに栄養剤やスポーツドリンクも10年前に比べれば進歩してます👍
詳しくは、神奈川アート・カルチャー情報サイト「マグカル」のコラムにも掲載させていただいてますのでご一読ください😊
マグカルhttps://magcul.net/173531


現代の力を借りたお陰で、前回よりも身体が出来上がっていたのは事実です✨
再演であることで心に余裕が生まれ
現代の力で体幹を鍛え
今まで積み上げた歴史が精神を支え
まさに「今が1番の『釣狐』」だったのではないかと思っています。

でも意外と手応えはなく、皆さんからの感想を伺ってやっと出来たんだ~😆と安堵している次第です(笑)舞台に立っている間は必死ですからね💦
その辺りをまた続編で綴っていきます~👌
つづく

◎  「釣狐」終わってホッと金メダル 

昨日の「大蔵流吉次郎狂言会20周年記念公演」は無事に終了致しました。ご来場下さいました皆様、ご声援くださった皆様に厚く御礼申し上げます。

やっと終わった~✨という開放感もあり、終わっちゃった~😌という一抹の寂しさもあり、肉体は予想以上に疲労困憊💦全身のあちこちが痛い😭稽古や申し合わせ(リハ)ではそんな事なかったのにな~。やっぱり本番は知らないうちに色んなものを背負っているようです。

皆さんからは、沢山のお褒めの言葉を頂戴しました😊体のキレとか、所作とか、跳躍とか、気迫とか。実は、自分ではそんなに意識してはいなかった部分で😅あ、でも跳躍はかなり意識してます。幼い頃から跳躍は高く飛べ高く飛べ、着地は音を立てるなって言われてましたから、そこは他家と比べても~ってプライドがありました。心の中ではおりゃ~って(笑)着地はやっぱり音が出ちゃいましたね💦稽古ではサウナスーツとかで稽古してたので、比較的軽くて動きやすいけど、モコモコの狐の装束着てるとそう簡単にはいかないや😖

ここ数年「五家狂言会」や「立合狂言会」などで、異流他家と合同でさせていただき、沢山刺激をもらいました。足りない部分や大藏家の芸について考える事も沢山ありました。稽古中にはそういった事を考え過ぎて、偏ってしまうこともありましたが、言葉の調子や所作など、父から指摘されながら調整してきました。

「吉次郎狂言会」の前日に『道成寺』を再演される観世流の佐久間二郎師と、お互い秘曲再演ということで色々話してましたが、やはり重い演目には重い演目なりの位と緊張感を持って~と語らいました👍

そんなこともあって、前シテの出から緊張感を持って勤められたのが気迫に繋がったのかもしれません。あんまり色んな事を考えては、ツボにハマってしまうので、この数年間積み重ねたものが自然と表に出られたら、それこそ個性や味というものになるのではないかと思ってました。

一番伝えたかったのは、狐が人間くさく、人間である猟師が獣くさいということ。人間は感謝とか敬意とか愛とか、他者へ敬愛を失って自己中心的な考えを持ってしまっては獣に落ちるよ。ってことです。あなたは人ですか?獣ですか?もう一度自分を見つめなおす事も必要かと思います。

考えがまとまりませんが💦
また改めて書きますね~😊👍

多くの方に喜んで頂けたことに喜びを感じています。ありがとうございました😊
次の目標を掲げ、突き進んで参ります✨

そうそう、今朝娘から「狐頑張りました」って、金メダルをもらいました🥇「きんめだる」ならぬ「コンメダル」(笑)
娘もいつか「釣狐」演ってみたいかも~ですって(笑)頑張れ👍

◎  名作秀作ほど難しいものはない 




昨日はこちらでした。
日々是感謝✨
狂言『附子(ぶす)』
シテ/大藏教義、アド/大藏吉次郎、アド/大藏基誠

名だたる諸先輩方が舞囃子を舞われている中で自分がシテをするというのは、ものすごく緊張しました。しかも、やり慣れている『附子』ですが、実は本舞台で演じるのは少ない機会です。
お客さんも学生と違うから、いろんな意味であれ?ってなるよね。ペース掴むのに一苦労(笑)

名作秀作ほど難しいものはないですね。大変勉強になりました😊

◎  文化庁助成事業の報告③ 

何年も続くこの事業ですが、実は来年度で終わりではないか?などという声も上がっています。そう「オリンピックまで」です。


この事業の素晴らしさは、子どもたちが文化を学べる事だけではありません。現場の先生方も専門的な技術を持っているわけではありませんし、先生方も「本物」を子どもたちに体験させたいのです。そして私たちも、文化に触れて欲しいのです。そこにはコストがかかってきます。


私が訪問した学校は、都心からかなり離れた場所で、小学校全校生徒は30人。文化や芸術を触れさせたくても交通手段がない。そういった学校で、この事業を取り組ませてもらった時は、とても意義のある活動をさせてもらえたと思いました。
文化は人間が生きていく中で必要なことです。学校や日常では教えられない心の教養の部分を担っているのが文化だと思っています。つまり人間形成です。


文化は日本の文化だけでなく西洋の文化も含めて、とても必要なのです。子どもたちはどれを選択しても構わないです。日本の物が苦手なら西洋のものでも良いです。ただ、人生の傍に常に文化があってほしいと願っています。
まだまだ、沢山の子供たちが待っていると思います。豊かな人材を育て、豊かな社会を作るためにも、ぜひこの事業は今後も続けて欲しいと願っています。


最後に、提出団体の皆さま、ご協力頂きました実施校の先生方、常に私たちをサポートしてくださる強力な味方の地域コーディネーターの皆様に心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

◎  文化庁助成事業の報告②  

巡回公演では、もっぱら狂言『柿山伏』を上演します。小学6年生の教科書にも載っていますからね(笑)大人気というか、生の教材です(笑)

能は、申請する法人会社によって異なりますが、『小鍛冶』『羽衣』『船弁慶』でした。能も狂言も身近に感じてもらうことが出来ました。




講師派遣事業では、狂言のみです。ワークショップ形式で体験を通して理解を深めてもらいます。と言っても、やっぱり狂言を見せないと狂言が何だか分からないので上演します。こちらも『柿山伏』です(笑)もう年間で何回演じたことか(笑)

ワークショップは、色々と会話をとって進めていくので、授ける子どもたちも一方的でなく常に参加できます。説明を聞く、狂言を見る、クイズをする、体験するという流れで、メリハリをつけて飽きさせません。自然と子供たちも、狂言にも関心を持ってくれますし僕たちにも興味を持ってくれます。




そんな中で、とても嬉しい事が2つありました。
前にも書きました「キセキの狂言体験」です。その記事はこちらから是非ご一読下さい。
http://ohnori.blog52.fc2.com/blog-entry-1288.html?sp


もう一つは、子供たちから動画が送られてきた事です。もちろん送られたのは担任の先生ですが、子どもたちがワークショップを受けた後に、実際に演じている姿を撮って送って来てくださったのです。
そこには、とても一生懸命に演技する生徒。ワークショップで教えた通りの「構え=立ち方」、声の出し方、イントネーション。僕たちが教えた事が、こんなにも彼らの心の中に残ってくれたんだと嬉しくなりました。さらに、演じる2人を見守る他の生徒たち。演技が終わると一斉に「イェーイ!!」と大盛り上がりでした!





これらの2つの出来事は、長年こだわりながらワークショップに取り組んでいる私たちを勇気付け、肯定してくれる物でもありました。最高に嬉しかったです。

◎  文化庁助成事業の報告 その① 


平成30年度の文化庁主催 文化芸術による子供の育成事業が終わりましたので、報告させて頂きます。
今年も多くの学校に訪問し、伝統文化に触れてもらうことができました。
関係者の皆さまには心より御礼申し上げます。


毎年取り組ませて頂いている事業ですが、何度も言いますが、僕が直接助成制度を利用しているわけではなく、多くの団体の皆様が、分厚い資料を作成し、学校と講師と日程を合わせ、終演後は振り返りを行い、子供たちの様子を先生方に聞き、報告書を作って文化庁に提出。という作業を行なってくださっています。きっと相当手間のかかる作業だと思います。本当に頭が上がりません…。
それでも、多くの子供たちに「本物」を届けたい!という企画提出団体と地域コーディネーターの愛と行動力で、実施されています❗️


この事業には2種類あります。巡回公演事業と講師派遣事業です。
前者は公演を主体として、観世流の諸先生方と一緒に回わり、能と狂言を鑑賞してもらいます。後者は、地域のコーディネーターの方が取り仕切ってくださり、ワークショップ形式で体験してもらうプログラムです。
今年度は以下の日程で訪問致しました。


●お世話になった団体と日程と学校名
■は講師派遣事業(ワークショップ)
★は巡回公演(公演)
(敬称略)

■こども劇場千葉県センター
10月10日(水) 【千葉】佐倉市立下志津小学校
11月02日(金) 【千葉】四街道市立みそら小学校
11月27日(火) 【千葉】いすみ市立長者小学校
11月30日(金) 【千葉】大多喜町立西小学校
12月14日(金) 【千葉】成田市立神宮寺小学校
2019年
1月11日(金) 【千葉】君津市立三島小&秋元小(合同)
1月29日(火) 【千葉】市原市立鶴舞小学校

■こども劇場おや子劇場埼玉センター
9月18日(月) 【埼玉】嵐山町志賀小学校
10月12日(金) 【埼玉】志木市志木第四小学校
10月23日(火) 【埼玉】春日部市南桜井小
11月 9日(金) 【埼玉】所沢市若松小学校
10月25日(木) 【埼玉】春日部市中野小学校
2019年
1月16日(水) 【埼玉】和光市広沢小学校 5年62名

■こども劇場東京都協議会
9月 4日(火) 【東京】羽村市立小作台小学校
11月12日(月) 【東京】私立富士見丘中学校
11月13日(火) 【東京】羽村市立羽村西小学校
12月11日(火) 【東京】練馬区立北町小学校
12月21日(金) 【東京】多摩市立南鶴牧小学校
2019年
1月31日(木) 【東京】多摩市立多摩第一小学校

★鎌倉能舞台
6月26日(火)  【宮崎】延岡市土々呂中学校
6月27日(水)  【鹿児島】薩摩川内市入来小学校
6月28日(木)  【鹿児島】西伊敷小学校
6月29日(金)  【鹿児島】徳之島亀津中学校
11月5日(月)  【鹿児島】南九州市川辺中学校
11月6日(火)  【鹿児島】鹿屋市大蛤良小学校
11月8日(木)  【沖縄】那覇市小禄小学校

★皐風会
10月2日(火)  【富山】富山市西部中学校
10月3日(水)  【富山】氷見市十三中学校
10月4日(木)  【富山】富山市楡原中学校
10月5日(金)  【富山】滑川市北加積小学校
11月19日(月)  【石川】小松市中海小学校
11月20日(火)  【福井】勝山市成器南小学校
11月21日(水)  【福井】大野市上庄小学校
11月22日(木)  【福井】小浜市中名田小学校

★九皐会
9月10日(月)  【熊本】南関町南関第一小学校
9月11日(火)  【熊本】山鹿市菊鹿小学校
9月12日(水)  【熊本】玉名市横島小学校
9月13日(木)  【熊本】菊陽町菊陽西小学校


つづく…












back to TOP