FC2ブログ

ノリノリ狂言生活

◎  狂言教室アマチュア発表会「吉祥会のお知らせ」 

「吉祥会」とは、大藏吉次郎家でお稽古をされている生徒さんのアマチュア発表会です。
この日を目指して、みなさん日々お稽古に励まれてきました。その成果をぜひご覧ください。



●催事  吉祥会(きっしょうかい)
●とき  平成30年12月16日(日)
●場所  セルリアンタワー能楽堂(B2)
●時間  13時開演~17時10分終了予定
●料金  無料
※消防法により201名までの客席が用意されてあります。それ以上になりました場合は、ロビーのモニターでご覧頂く事になります。(客席での立見観覧はできません。)ご理解のほどよろしくお願い致します。


●演目(順不同)
狂言/以呂波・痿痢・皸・附子・蚊相撲・萩大名・左近三郎・鎌腹・縄綯
小舞/餅酒・七つに成子・鵜飼・松楪・貝盡し

◎  37歳になりました😊  

皆さんからたくさんにバースデーメッセージを頂戴しまして、有難う御座いました✨
気付けば37歳になりましたが、いつもと変わらず1日1日を大切に過ごしてまいります。来年の5月には吉次郎狂言会も20周年を迎えます。皆様に喜んでいただけるよう芸道に精進し、また舞台の上でお会いしたく思います✨
今後ともご声援よろしくお願い致します❗️
40歳に向けて、色々と準備もしないといけないなぁと思いつつも、未だに右往左往しております💦言い訳などできる年齢でもなくなってきました。1つ1つの事に責任を持ち、また志を高く持って、仕事に取り組んでいきたいと思います。
あれから5年近くなるので、今まで温めてきた?迷っていた?アレやコレやに終止符を打って、実現出来るように進めていこうかな。
欲がないわけじゃないけど、行雲流水の如く風に身を任せ、巡り廻る「ご縁」に感謝し大切に過ごしてまいります✨
新しいこともやるのでお楽しみに💓
皆さまもお元気でお過ごしください✨

◎  自主公演「狂言 吉左右会」まであと1週間!もないか(笑) 

先日は鹿児島~沖縄の小中学校を回り、狂言と能を子ども達に鑑賞してもらいました✨終演後は「のりちゃ~ん」と子どもたちが集まってくれてとても嬉しかったです😊



鹿児島&沖縄は暑くて半袖でもいいくらい💦油断して少し日焼けしたかもしれません(笑)東京に帰ってきて少し肌寒くて体が戸惑っています😅




さて、秋の自主公演「吉左右会」も1週間後に迫りました❗️席もまだ御座いますので、ぜひご来場くださいませ✨「佐渡狐」「文荷」「貰聟」どれも楽しく賑やかなお話です👍
僕が演じる「文荷」は、主人の恋文を盗み見てしまうお話。学生時代によくある話ですよねw
そんな昔を懐かしんで?楽しんで頂ければ幸いです❤️ また、ぜひ従兄の基誠とのコンビプレイも楽しんで欲しいです✨さらに、又従兄の富太郎に主人役を頼んでいますが、富くんの主人役は絶品です❗️貫禄があるからいつも素敵だと思っています👍三者が織りなす「文荷」は絶対皆さんの期待を裏切らない😆

詳細は大蔵流吉次郎狂言会ホームページ
http://www.kichijirou-kyougenkai.jp
をご覧ください。


メッセージを頂ければ、当日受付にチケットお取り置きしておきますので、ご連絡くださ~い☺️
当日、舞台でお会いしましょう🎶

◎  ご報告。「銀賞」を頂戴しました。 

ご報告。
私事ですが、この度、私共が演じた狂言演目『附子』で「銀賞」を頂戴する事が出来ました。
これも偏に皆さま方のご指導の賜物と存じ厚く御礼申し上げます。

「附子」が終わって楽屋に戻ると、サプライズのように用意してありました。賞を頂くのが目的ではなく、ただただ師父の教えを大切に、またご来場頂きましたお客様に楽しんで頂こうと、その一心で勤めました。古典芸能は型が大切です。演技も全て型で決められています。しかしながら下手をすれば、それがいつしか当たり前になってしまい、新鮮さや謙虚な気持ちを忘れ、ルーティンワークのような言わば芸とは言い難い「作業」になってしまいます。そうではなく、毎回演じても緊張感と発見、そして志を持って勤めるべきかと思います。

今回の大会?検定?なにか分からないけれども(笑)受賞にあたり、皆さまに感謝申し上げます。そして今後も尚一層精進して参ります。

次は金賞くれるかな~?
娘たちからのサプライズでした😊

「附子」
シテ(太郎冠者)大藏教義
アド(主人)上田圭輔
アド(次郎冠者)宮本昇

◎  大仏さま~! 

昨日は午前中に鎌倉能舞台で舞台。
娘達が振替休日だったので、一緒にお邪魔させて頂きました。事務の方々もとても親切で、何かと娘共に気遣って下さいまして、感謝するばかりです。特に上娘は、中森先生に愛犬に心奪われた模様でした😊

夕方から稽古なので時間も少なかったですが、せっかく近くに大仏さまがいらっしゃるので、参詣に。雲一つない空に大仏さまは、頭上の宇宙と繋がっているようで、この世の末を見守るように、何百年と座していることに、頭がクラクラしてしまいそうでした。世界の真ん中を感じました。
娘達と大仏さまの胎内に入って不思議な感覚になり、まるで生まれ変わったようだねと話して帰りました。
またゆっくりと鎌倉見物もしたいです✨

今日は春日部市南桜井小学校でワークショップでした。また夜からは二木屋薪能。今日も雨かな?頑張ってきます~❗️

◎  二木屋薪能2018~祝!開店20周年!~ 


秋恒例の『二木屋薪能』が開催中です❗️
二木屋は、北浦和にお店を構える料亭ですが、毎年3日間ほど店内の庭に能舞台を拵え、観能とお食事を堪能して頂く事ができます🤗
今年で開店20周年㊗️さらに薪能19年目で、今年の初日で80回を迎えました✨
天候不順により、初日、2日目とお庭での上演は叶いませんでしたが、そんな時は店内三間四方のお座敷で上演することが可能です。お座敷とは言え蝋燭を焚き、灯火揺らめく幻想的な空間を作り出す。これが二木屋の強みですね❗️
初日は父と『酢薑』のシテをさせて頂き、半能『六浦』のシテは山井綱雄師。貴重なツーショット写真は宝物です👍
初めて薪能を開催した時は僕も高校生3年生で、学校終わりに制服を着て訪問しました(笑)その当時の事を覚えていてくださるお客様も多く、話題になりました。19年間毎回鑑賞している方も多いのです。
こんなに多くのファンに支えられ愛されている二木屋さん。オーナーのお人柄もそうですが、従業員スタッフ皆さんの心温まるおもてなしと努力の賜物だと思います。(スタッフの皆さんは出演者の僕たちにも優しいのです)
一から始められた小林オーナーのご苦労も多々あったかと思いますが、こんな大きなイベントを19年も続けて下さった事に今はただ感謝するばかりです。
今年のラストは27日(土)に開催します。
まだ席はあるかな?ご興味を持たれた方は以下から詳細をご確認ください。
https://www.facebook.com/events/1845259552434354/?ti=icl
来年は薪能20周年❗️第100回薪能まで5年?
まだまだ一緒に走り続けて参りたいと思います😊よろしくお願い致します✨
まずはお客様、スタッフの皆さん、オーナーに感謝を込めて勤めて参ります。

◎  父の代役 


8月下旬から急に父の声が出なくなってしまいました。カスカスの声でボソボソ話す姿は今まで見たこともなく、本人も初めての事でしょんぼりしていました。一時はどうなるか不安だったけれど、9月中旬には完治して今は復帰しています。各方面に皆様にはご心配お掛け致しました。


短い期間でしたが、父の代役を勤めた舞台が2つありました。『呼声』と『萩大名』。どっちも良く番組に並ぶ演目なので即座に代わることが出来ましたが、プレッシャーと責任が重くのしかかった舞台でもありました。


シテ方の各流儀やそのお家が毎月のように催す会があります。いわゆる「能会」「定期能」と呼ばれる会です。その会に私達狂言方は声をかけて頂き出演します。いわゆる興行主からのご依頼なわけで、代役といえど大変ご迷惑をかけてしまった上に、自分が父の代わりに狂言のシテ(主役)をするわけです。失敗したら…とは思いませんでしたが、主催の皆様、公演を楽しみにしていて下さったお客様に「代役でも納得していただけるような狂言を!」と半ば切腹覚悟で臨みました。


責任とプレッシャーとのせいか、いつもより舞台が広く、熱く、時間がゆっくり流れているような感じがました。これがいいのか悪いのかは分かりません。芸が良かったのか悪かったのかも分かりません。ただ、自分の芸や存在や立場を問われているような、舞台の上でそんな事を感じていました。


お他所の会でシテを勤めるというのは、そんな葛藤の中でも押しつぶされずに、自分を律し、自分たらしめる確固たる芸でなければならないんだと思います。


少しだけ階段登りました。少しだけ、もうすぐ先の40代としての或るべき姿が見えました。ここが正念場。努力を重ね、芸を磨き、人として成熟できるよう精進してまいります。今後ともよろしくお願い致します。



back to TOP