FC2ブログ

ノリノリ狂言生活

◎  非常勤講師着任いたしました。 

今年度から、二松学舎大学で非常勤講師として勤めております❗️授業は、色々経緯があって、ゼミ(実技)を受け持つ事になりました💦ゼミです❗️ゼミナールです👍色々心配です😅

父は講師として24年勤め、今年度いっぱいで定年退職(講師だけです。狂言は続けますよ)となります。その跡に続かせて頂くわけですが、側から見れば親の七光り🌈✨で、ものすごく恥ずかしいです。そう思われないよう自分を磨き、学生、学業、社会の中で成長してまいります😊

授業が始まる前に講師対象のガイダンスと親睦会がありました。その後の二次会で父が「令和元年の年に講師として出勤できておめでとう」と祝杯を挙げてくれました。本当は、24年間積み上げてきたのは父の方であり、ここにいるのは父のお蔭なんで感謝しても足りないんですが、恥ずかしくて、言うと泣きそうで、そんなこと言えなかったな~😅

大学で、自分も多くの事を学び知識を身につけててまいります❗️新学期頑張ります😁👍✨

◎  さようなら。ありがとうございました。 

3月23日にその知らせが届きました。あらかじめ分かっていましたが、いざその知らせを聞くと急に血の気が引いていくようで、居ても立っても居られませんでした。私は舞台前だったので、なんとか冷静を保とうとトイレに駆け込み、気持ちを落ち着かせました。唯一楽屋が賑やかだったのが救いでした。舞台を済ませて1人になった途端、電車の中ではありましたが、まるで漫画のような大粒の涙がとめどなく溢れ出てしまいました。


その知らせというのは、浦和で料亭を営む二木屋のオーナーの訃報でした。


毎年秋に料亭の庭に舞台を設営し、4日間ほど世界一小さな薪能「二木屋薪能」を催し、それが今年の秋で20年を迎えるのです。薪能最盛期には6日間の興行を成功させました。それだけではなく、美術品、工芸品の収集家でもあり、審美眼の持ち主でありました。その最たるものが、店内に所狭しとぎゅうぎゅうに飾られるお雛様ではないでしょうか。また毎月変えるお店の室礼のセンス、もちろんお料理とサービスの質も含め、二木屋の名を一世代で世に轟かせました。


20年前といえば私はまだ高校3年生で、初年は学校帰りに制服姿で伺いました。まだ幼かった私ですが、オーナーは期待を寄せてくれました。
20年のうちに、私は大学を卒業し、「三番三」「釣狐」を披き、結婚して子供が生まれ、様々な活動ができるようになり、「花子」を披らいた時には、人生の半分は二木屋と共に過ごしていました。こうした私の節目を、いつも祝い声援を下さり、時には厳しい言葉もかけてくれました。


お店に伺うと、活気あるオーナーの声が店内に響き渡り、それはまるでプロの舞台俳優並みの大きな声でした。その声の張りと厚みは、お客様を第一に考えるサービス精神とその熱量の顕れだったと思います。


薪能が終わると、「演者にこそ楽しんでもらわないと成り立たないんだ」と、たくさんのご馳走と厚いおもてなしをして下さり、私はそこで諸先輩方と熱く語らせて頂きました。その様子を傍で聞いているオーナーの顔はとても嬉しそうでした。オーナー最期のメッセージにも、我々能楽師の輪に入り一緒に作り上げる事が出来たのは嬉しかったと言ってくださいました。


体調が悪くなり、終の住処として京都へ引っ越されました。そこでもオーナーらしかったのは、ご自身の経験から「終活」の本を出版された事です。ピンチを前向きに捉えて前に進む姿には脱帽です。きっとこれまでも様々な困難を乗り越えてきたのでしょう。


今年の3月3日に京都舞台がありました。偶然にも前日の2日にはシテ方金春流の催し「円満井会」がありました。20年間ずっと二木屋薪能を取り仕切って下さっている高橋忍さんを筆頭にした座・SQUARE、ワキ方の野口能弘・琢弘両氏、我々狂言方。囃子方は不在でしたが奇跡的にも集まる事が出来て、みんなで色紙を書いてオーナーに渡すことにしました。


3月4日の午前中にオーナーに会いました。オーナーの声に衰えは感じませんでしたが、ベッドからは起き上がれずそのままの対面でした。何を話すわけでもなく、お互い近況報告と世間話。いろんな事を話すうちにあっという間に時間が立ってしまいました。帰り際には「また会えたらそれで良し。会えなかったらこれが最期の挨拶ね。バイバーイ」と本当に最期の挨拶になりました。



たくさん応援してもらいました。
たくさん褒めてもらいました。
たくさんの言葉をもらいました。
たくさんの姿勢をみせてもらいました。

人生短いから、やりたいことやりなさい
じゃないと人生なんてあっという間に
終わっちゃうわよ
結局何をやっても賛否両論で
悪く言う奴もいれば
良いって言ってくれる人だって
いるんだから やったもん勝ち
あなたなら大丈夫よ
やるの?やらないの?
でもまぁあなた達の世界だと
色々難しいんでしょうね
私は飲食店だから
好きにやっちゃったけど
でも大丈夫よ
頑張って

そんな声が聞こえてきます。



直近の舞台写真を見せると、教義は舞台の上が1番良い顔してるねって言ってくれました。
舞台で活躍する事、誰よりも良い狂言をする事。それがなによりの恩返しになると思います。

今年の秋は二木屋薪能20周年です。
オーナーも必ず舞台に駆けつけてくれるでしょう。そんな気がしてなりません。


感謝の気持ちを込めて
オーナーのご冥福をお祈りします。
合掌

◎  マグカルにコラム掲載!Vol,7 

‪神奈川県文化芸術情報サイト「マグカル」でコラムを書かせて頂いております😊今回で7回目だ❗️今回は小学校を訪問して行なうワークショップについて書きました。原点は小学3年生の時に担任であった平田先生。先生が僕と子どもたちを繋いでいてくれてます✨
それが伝わったのか、今年度は嬉しい出来事がありました😆
「狂言を教える」ではなく、「狂言から「何か」を感じてほしい」そんな風に思っています。ぜひご一読を🙇‍♂️‬

https://magcul.net/156192

◎  ひな祭り2019~たくさんの雛様~  


今日はひな祭り🎎
いつも出している雛人形(2段飾り)は、顔が丸っこくて愛嬌のある顔で一目惚れして買ったもの😊また久し振りにガラス細工のお雛様も出してあげました。これは仲人さんから頂いた雛人形ですが、子供たちが小さかったため割っては困るのでしまっておきました。初めて見る雛人形に感動してました(笑)紙でできた小さい雛人形は、先日料亭の二木屋さんから頂いたもの。小さいのに細かく作ってあって、これも感動✨しかも箱にしまえる優れもの👍

下娘によく似た市松人形は下娘が生まれた時に購入😄紙の雛人形は下娘が在園中に作ったもの。作ったやつだー❗️って喜んでました😁薬玉は、社中男の子が作ってくれたもの😊吊るし飾りは義母からのプレゼント🎁

たくさんの方に祝ってもらえて、子供たちもきっと幸せに育つでしょう💓健やかに育って欲しいです👍で、今日はこれから京都へ仕事に行ってきます🚅祝ってあげられなくてごめーーーーん💦

◎  「マグカル」コラム掲載Vol,6 

‪神奈川県文化芸術情報サイト「マグカル」でコラムを書かせて頂いております😊今回で6回目だ❗️今回は色々と試行錯誤を重ねてきたワークショップについて書きました。多くの方からたくさん学んだワークショップです😆伝統芸能の世界を身近に感じて欲しいのです✨ぜひご一読を🙇‍♂️‬

‪「目指せ!観て笑って、体験して元気になるワークショップ 」
https://magcul.net/152520‬

◎  夜明けの焚火  

世は「7つの会議」で賑わっていますが、こちらも賑わってます✨

僕は出演してませんが、従兄弟の大藏基誠とその息子・康誠が出演する「夜明けの焚火」の試写会に行ってきました。身内の評価をするのは難しいので(笑)、映画の感想を書きたいと思います。
全てが綺麗な映画でした。


長野の風景、流れる音楽、役者の声。なんと言っても生活音がとてもナチュラルで心地良かったです。自然を映し出す映像は、見ている私達の心情をキャンパスのように反映させます。こういった手法は、ドキュメンタリー映画を撮り続けてきた土井監督だからこその手法なのでしょうか。とても好きです。

「伝える」がテーマの映画ですが、2人の親子関係は、少なからず私達にも経験したこと、過ごした事のある時間だと思います(伝統芸能だからというわけではなく)。何かの待ち時間で。買い物で。食後にお茶を飲みながら。車の中で。そういった親と子の時間。自分が生まれた時、両親の出会い、祖父の話。きっと皆さんにもあったんじゃないでしょうか?些細なシチュエーションでサラッと話した父母の話が今でも頭の片隅に残ってるってことないでしょうか?

親も「伝えよう」と思って話したことではないけど、受け取る側にしたらその言葉が残り、結果「伝わる」という事になるんだと思います。そういったことが映像から自然と感じられるのは、ドキュメンタリー調だからこそなんだと思います。


映画に登場する親の立場にも共感でき、子供の頃を思い出して子の立場でも共感できる素敵な作品です😊ぜひご覧ください~✨


3/2からポレポレ東中野で上映されます🎥
「夜明けの焚火」予告編
https://youtu.be/Ci_iNjSg5Rc

◎  お知らせ~20回記念公演 吉次郎狂言会~ 

大蔵流吉次郎狂言会からニュースレターが発行されました。今年の5月の公演に向けてです。20周年記念公演を迎える節目の会で、名曲秘曲大曲を並べて賑やかにお送りします😊
僕は13年振りに狂言最奥演目『釣狐』を上演します✨初演してから今日まで、多くの方々に出会い支えられてきました。そんな感謝の意味も込めて秘曲『釣狐』に取り組みたいと思っています✨ぜひ、ご来場くださいませ~🎊


back to TOP